• TOP    >   
  • アビコ西武観光の安全管理

運輸安全マネジメントに関する取り組み

アビコ西武観光では、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、
全社員が一丸となって、当社が展開する業務の全活動において、
運輸安全基本方針に基づき運輸安全活動を推進いたします。

運輸安全マネジメントに対する取り組み

安全宣言

輸送の安全が最も重要であることを自覚し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

輸送の安全に関する基本的な方針

アビコ西武観光では、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全社員が一丸となって、当社が展開する業務の全活動において、運輸安全基本方針に基づき運輸安全活動を推進いたします。

運輸の安全に関する目標
項目 2018年度数値目標
車外人身死亡事故 0件
車外人身重傷事故 0件
車内人身重傷事故 0件
自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計標
項目 2017年度
車外人身死亡事故 0件
車外人身重傷事故 0件
車内人身重傷事故 0件
車両故障 0件
輸送の安全に関する行動計画

1.輸送の安全に関する計画の作成、実行、チェック及び改善(PDCAサイクル)を確実に実施するとともに、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって輸送の安全性の向上に努めます。

2.事故情報の共有化半期毎に事故の傾向を分析し、点呼時や班別業務研修会で情報を共有化し、再発防止策や新たな事故防止の取り組みに活かします。重大事故が発生したときには直ちに事故警報を作成し、全社員に対して周知を行い、具体的な再発防止策を策定します。

3.ヒヤリ・ハット情報の収集と共有化ヒヤリ・ハット情報の目的や有効性の教育を実施し、その収集に努めます。また、半期毎に分析し、傾向と対策を現場にフィードバックします。

4.1グループ5名~6名の構成にて年間を通じて小集団活動を行う。上記のヒヤリ・ハット情報収集や安心安全な運行につながるグルーブごとの取組計画を策定し日々輸送の安全の確保に努めます。

平成30年4月1日 アビコ西武観光株式会社
代表取締役 梶 陽介

安心の業績

安心の業績

当社は、バス運行の安全性が認められた証である「SAFETY BUS(貸切バス事業者安全性評価認定制度)」を取得。全社員が一丸となって運輸安全基本方針に基づく運輸安全活動を推進しております。

輸送の安全確保は、当社の事業経営の根幹をなすもの。展開するすべての業務・全活動においてこれを意識し、安全な輸送・運行のため行動計画・目標設定を行っています。